【会員特別価格でご案内】IT機材シェア最大級!情報通信のお悩み、おやすい御用!

アライドテレシス

【Allied Lab】
PoE給電の距離を延ばす!「PoEパススルー機能」のご紹介

2021.11.24

【Allied Lab】は、アライドテレシス製品の技術紹介をわかりやすくお届けする、アライドテレシスの公式Youtubeチャンネル。 こちらの動画では、PoE給電の距離を延ばす「PoEパススルー機能」について、デモンストレーションを交えてご紹介しております。

PoE給電とは?

PoE給電とは、UTPケーブルを使用して、データと電力を同時に伝送する技術です。
PoE給電を使用することで、無線AP・IPカメラ・センサーなど、電源が用意できない場所でも使用できるようになります。 これにより電源工事の手間・費用が減り、間取りをすっきりさせることもできます。

PoE給電の「弱点」

メリットの多いPoE給電ですが、ひとつ「弱点」がございます。
PoE給電の弱点は「距離」。 最大100メートルまでしか電源供給ができません。

弱点を解決する「PoEパススルー機能」

そんなPoE給電の弱点を解決する機能が「PoEパススルー機能」。
「PoEパススルー機能」は、PoE給電で受けた電力を、さらに他の機器に供給することができます。
この機能を使えば、PoE給電の距離を2倍の200メートルまで伸ばすことができます。

「PoEパススルー機能」対応商品と使い方

AT-X320-11GPTでは、PoEパススルー機能に対応しています。
本製品は、2022年3月31日まで期間限定キャンペーン価格でのご購入が可能です!
キャンペーンの詳細は こちら をご覧ください。



PoEパススルー機能の使い方については、ぜひ冒頭のYoutube動画をご確認ください。
周辺機器の接続・起動・電源オフまで、実際に動画の中でお見せしています。

導入のご相談・お問い合わせ

PoE給電の距離を延ばすことができ、より柔軟なネットワーク構成が可能となる「PoEパススルー機能」。
導入のご相談や、商品について詳しくお知りになりたい方は、下記のお問い合わせフォームより、件名「10.無線LANに関するお問い合わせ」をご選択の上、お気軽にお問い合わせください。

SUNTEL