DIGISTORシリーズ 待望の最小2chモデルがついに登場! 現場の細やかなニーズに応える画期的なNVR

DIGISTORシリーズ おすすめラインナップ

型番

画像クリックで商品購入ページへ
※一部会員のみ閲覧・購入可

チャンネル数

2ch(標準)→3ch→4ch

5ch(標準)→9ch→12ch
→16ch→20ch

20ch(標準)→25ch→29ch
→36ch→40ch
→45ch→49ch

カメラ追加用ライセンス型式

DS-11EX-A

DS-21EX

DS-41EX

ハードディスク容量

1TB

1TB~16TB

2TB~24TB

RAID構成

シングルのみ

シングル、リニア、RAID1

RAID5

映像出力端子数

HDMI×1

HDMI×2

HDMI×2

解像度

フルHD対応

4K対応

4K対応

LANポート数

1

2

2

H.265対応


※H.265映像の再生には別途PC
 もしくはDual-Eye 2ndが必要

DIGISTORを選ぶポイント

DIGISTOR Original ライセンスアップグレード

DIGISTORシリーズでは、ライセンスを追加することによって、DIGISTOR1台あたりの登録カメラ台数の上限を増やすことができます。
カメラを増設した場合、一般的なレコーダーだと買い換えたり増設したりしなければなりませんが、DIGISTORシリーズは1台で多様なニーズに対応できます。

■ライセンス追加時のカメラ登録台数 ■ライセンス追加時のカメラ登録台数

■ライセンス追加時のカメラ登録台数
商品名クリックで商品購入ページへ
※一部会員のみ閲覧・購入可

DS-2105 UHD(ライセンス型式:DS-21EX)

標準
1UP
2UP
3UP
4UP
5ch
9ch
12ch
16ch
20ch

DS-4120 UHD(ライセンス型式:DS-41EX)

標準
標準
2UP
3UP
4UP
5UP
6UP
7UP
20ch
25ch
29ch
32ch
36ch
40ch
45ch
49ch

DS-1102/100(ライセンス型式:DS-11EX-A)

標準
標準
2UP
2ch
3ch
4ch

MN-1105Pro+(ライセンス型式:MN-11EX)

標準
1UP
2UP
3UP
5ch
9ch
12ch
16ch

DIGISTOR Original デュアル・モニター仕様 (ローカル・ディスプレイ)

映像出力用の端子※1にそれぞれディスプレイを接続し、同時に映像を出力することができます。
映像出力は、それぞれのディスプレイに異なる映像を表示する「個別モード※2」と、2台とも同じ映像を表示する「クローンモード」のいずれかを選択可能です。

映像出力用の端子は、機種によって異なります。
  • ※1:DS-2105 UHD・DS-4120 UHD … HDMI/HDM
    DS-16364-RM Pro+ ……………… VGA/HDMI
  • ※2:個別モードは、ディスプレイ2台ともフルHDである必要があります。
  • ※3:DS-1102はデュアル・モニター非対応となります。
  • *デュアル・モニター機能を使用する際は、ディスプレイの解像度を合わせてください。
  • *4Kモニター(解像度:3840×2160)使用時、デュアル・モニター機能は使用できません。
デュアルモニターのイメージ デュアルモニターのイメージ

バックアップ機能

バックアップ機能を有効にすると、そのレコーダーが「バックアップサーバー」となり、10分おきに、紐づけられたDIGISTORの録画データをバックアップします。スケジュール設定を行えば、特定のカメラ/時間のみの録画データのバックアップをとることも可能です。また万が一、バックアップサーバー-レコーダー間の通信が途切れた場合でも、720分(12時間)以内であれば、そのデータの補填を行います。 バックアップされた録画データは、通常の録画再生と同様に、PCやローカル・ディスプレイを介して直接再生することができます。再生を行うのに、PCやソフトウェアをインストールする必要はありません。また、バックアップサーバー側のデータの取り出し・コピーも可能です。

  • ※ライブ映像の閲覧はできません。
バックアップ機能のイメージ バックアップ機能のイメージ

フェイルオーバー機能

フェイルオーバー機能を有効にすると、そのレコーダーは「フェイルオーバーサーバー」として動作します。フェイルオーバーサーバーとなったレコーダーは、通常運用されているレコーダーの動作を監視し、障害(=録画不可状態)を検知すると、自動的にカメラの設定を引き継いで録画処理を行います。フェイルオーバーサーバーでは、最大4台までのDIGISTORを登録・監視(管理)できます。

  • ※引き継ぐことができるカメラ設定の上限は、フェイルオーバーサーバーのチャンネル数です。
    (例:5チャンネルモデルのレコーダーをフェイルオーバーサーバーに設定 → カメラ5台まで代替可能)
  • ※フェイルオーバーサーバーが同時に代替処理できるのは、フェイルオーバーサーバー1台につきレコーダー1台までです。
フェイルオーバー機能のイメージ① フェイルオーバー機能のイメージ① フェイルオーバー機能のイメージ② フェイルオーバー機能のイメージ②

新設だけではなく、
リプレイスにもおすすめです!

理由その1
経年劣化によるHDD故障リスクを回避できる!

5年以上使っているHDDは故障の可能性が急激に高まります!!

一般的にHDDは5年を境に経年劣化による故障リスクが急激に高まると言われています。24時間365日動き続けるNVRにとって、故障率の増加は致命的です。いつHDDが壊れ、中のデータが消失してしまうかわかりません。

理由その2
高画質(フルHD)・高圧縮・長期保存など、多彩な機能を持つ最新カメラを導入できる!

高画質・高機能化が進むネットワーク・カメラですが、古いVioStorでは、その性能を引き出すことはできません。
最新のVioStorでは約100社、3,000機種のカメラに対応しており、ファームウェアのアップデートにより常に最新のカメラに対応していきます。

最新のカメラ導入によるメリット
  • ●フルHDなど、高解像度での撮影が可能。
  • ●圧縮技術の向上により、HDD同容量あたりの録画時間が向上。
    少ないHDDでも長時間の保存が可能。
  • ●低照度・逆光など極端な環境下でも鮮明な撮影が可能。
    など、様々な機能を持ったカメラを使用できます。

NVRの性能を引き出すためにはカメラの更新も必要です。

NVRと一緒に
カメラも買い替えませんか?

さらに、Dual-Eye2ndの利用で
録画をしながら遠隔でも監視可能

Dual-Eye 2nd
ネットワーク・カメラ モニタリング専用ユニット

1 単独での使用

DIGISTOR/VioStor設置箇所と離れた場所で映像を確認したい場合でも、Dual-Eye 2ndを設置することで簡単にネットワーク・カメラの映像を確認することができます。 ※録画機能はありません。

2 DIGISTOR/VioStorとの併用

DIGISTOR/VioStorでネットワーク・カメラの映像を録画しながら、別箇所で同時にモニタリング監視することも可能です。また、DIGISTORとの連動時は、そのDIGISTORの録画再生ができます。

Dual-Eye 2nd ネットワーク・カメラ モニタリング専用ユニット Dual-Eye 2nd ネットワーク・カメラ モニタリング専用ユニット システム構成イメージ システム構成イメージ

当ページ掲載商品についてのお問い合わせ・ご購入は
弊社営業担当窓口まで直接ご連絡いただくか、
ご要望に合わせて下記よりお進みください。

※お問い合わせの際は、
件名「08 ネットワークカメラに関するお問い合わせへ」
をご選択の上、
ご連絡ください。

SUNTEL